精力剤ラソキソグkanpoudonya.com

Tel  :


Email:

ログイン

メンバーID:

パスワード:

パスワードをお忘れですか?

毎日の推薦TOP1
淫インモラル媚薬
淫インモラル媚薬
規格:5ml×4瓶(8回分)/箱
販売価格:¥ 4200円 (税込)
淫インモラル,インモラル,リキッド媚薬,淫インモラル 販売,インモラル 販売,媚薬 淫イン モラル,...
現在の位置: ホーム > 健康情報 > 健康づくり情報 > 海外旅行と健康をかんがえる

海外旅行と健康をかんがえる

2008-05-05

はじめに

 現代は国際化、情報化の時代といわれます。飛行機が発明されてからまだ90年余りですが、今日では人・情報・モノが、国際間で激しく行き交うようになっています。
 わが国では、乳幼児からお年寄りまで、年間のべ約1500万人もの人々が海外に渡航しています。この数は、実に国民の1割以上にも相当します。
 気軽に世界への旅が楽しめるようになった一方で、日本にはあまりみられない感染症(ウイルス、細菌、寄生虫などの病原体が引き起こす病気)が、海外から持ち込まれる危険も増えてきています。
 現に、1995年2月、バリ島から帰国した日本人旅行者の中から多数のコレラ患者が発見されました。3月末までに、その数260人余りにも達したという報道は記憶に新しいところでしょう。
 そこで、病気から身を守り、すこやかに海外旅行を楽しむ方法を考えていくことにしましょう。


海外旅行で注意すべき病気

●世界で猛威をふるう感染症
 世界では、危険性の高い感染症がアジア、アフリカ、南アメリカを中心に流行を繰り返しています。
 感染症のなかでも、人から人への伝染力が強い病気を伝染病といいます。このうち、コレラ、ペスト、および黄熱を国際的に「検疫伝染病」と定め、我が国でも国内への侵入を防ぐために、入国前の検疫検査の対象としています。
 最近は、検疫伝染病以外にも、赤痢や食中毒にかかる旅行者も少なくはなく、また、新しい病気が流行するきざしもみえています。たとえば、アフリカのザイールでは、ウィルス性出血熱であるエボラ出血熱が流行。315人が感染し、その8割が死亡するという結果になっています。
 海外で注意すべきおもな感染症の特徴をあげていきましょう。

(1)コレラ

●生水、氷、生の魚介類などに注意

 検疫伝染病であるコレラは、世界に広く分布する細菌性の感染症です。
 WHOに報告された1994年の世界のコレラ患者数は、前年の約20%増の38万4千人でした。過去30年間の平均値を上回っており、依然として猛威をふるっています。
 ただし、1960年頃までに流行し、多数の死者を出したコレラ菌(クラシカル・コレラ)と、現在のもの(エルトール・コレラ)は性質が多少異なります。エルトール・コレラは、1961年頃からアジア地域で発生し、瞬く間に世界中に拡がりました。病原性はクラシカル・コレラより弱く、死亡率は2%程度といわれています。胃腸の弱い人、高齢者、乳幼児などがハイリスク・グループといえそうです。
 1~5日の潜伏期間の後、下痢や嘔吐などが起こります。下痢は軟便程度から水のような便までさまざま。腹痛、嘔吐、発熱をともなうことはまれです。
 流行している国では、生水、氷、生の魚介類は避けます。ジュースや水割りに入っている氷、カットフルーツなどには注意が必要です。水泳で誤って水を飲むなどして感染することもあります。

(2)ペスト

●ノミ、患者の咳などから感染
 ペストも検疫伝染病のひとつ。ペスト菌を持ったノミに吸血されることによって引き起こされます。はじめはリンパ節の腫れと痛みが、ついで皮膚の出血斑や高熱が現われます(腺ペスト)。ペスト菌が肺に入ると、肺ペストとなり、患者の咳、痰の飛沫によって伝染していきます。いずれも治療が遅れると死亡率が高く、たいへん危険です。
 わが国では、昭和4(1929)年を最後に患者の報告はありません。しかし、アジア、アフリカ地域を中心に依然として発生しています。平成6(1994)年のインドでの流行は、ペストの恐怖を人々に再認識させました。
 ペストの感染を防ぐには、流行地域への渡航を自粛することのほか、流行地域ではノミの付着しているネズミがいるような場所に立ち入らないこと、抗生物質の予防接種などが考えられます。
 肺ペストが流行することは少ないのですが、流行地域では、人から人への飛沫感染にも注意が必要です。
(3)黄熱

●流行地域への渡航時には予防接種が必要

 黄熱も、検疫伝染病のひとつです。
ウイルスをもった蚊に吸血されることによって感染します。
 3~6日の潜伏期間後、発熱、頭痛、筋肉痛、悪心、嘔吐などが起こり、病気の進行とともに、鼻血や吐血、たんぱく尿なども現われます。旅行者では死亡率50%以上ともいわれています。
 予防には、予防接種を受けることがもっとも有効です。1回の接種で10年間効果があります。予防接種を受けていない場合には、蚊にさされないようにすることが大切です。
 流行地への渡航時には、予防接種の国際証明書が要求されます。流行地域を経由して他の国に入国する場合にも、1歳(国によっては6か月)以上の渡航者は、予防接種証明書が必要なことがあります。接種をしていないと入国を拒否されるか、入国時に接種されることになるので事前に調べておきましょう。

(4)赤痢

●世界中どこでもみられる感染症
 世界中でみられる細菌性の感染症です。赤痢菌に汚染された水、食品などから感染します。1~5日の潜伏期間の後、下痢、発熱、腹痛などが起こります。血便がみられることもありますが、死亡することはまれです。
 とくに衛生状態の悪い国に多くみられます。生水、氷、生ものを避けることが重要な予防法です。屋台のヨーグルト飲料や氷など、不衛生な飲食店での飲食はさけるのが賢明です。

(5)マラリア

●熱発作を起こす感染症
 熱帯・亜熱帯に広く分布する感染症で、世界100余りの国で、年間2000万人を超える患者がいると推測されています。マラリア原虫をもつ蚊に吸血され、体内に原虫が入りこむことによって感染します。
 わが国でも、海外で感染した輸入マラリアがここ数年増加傾向にあり、死亡者も出ています。
 一定の潜伏期間の後、熱発作(高熱が数時間続き、発汗とともに解熱する)を数十時間ごとに繰り返します。
 蚊に刺されないようにすることが予防の第一です。防虫スプレーや蚊取り線香を用意し、肌を露出しない、なるべく厚手の服装をします。
 予防接種はありませんが、予防のための内服薬はあります。しかし、最近は薬剤の効かないマラリア(耐性マラリア)も多くなっています。また、予防薬は国内での入手が難しいため、専門の医療機関に問い合わせるか、現地で手に入れるかなどの対応が必要です。
その際、予防薬のもつ副作用についても十分な説明をうけておくようにしましょう。

推薦製品
新曲美痩身カプセル 新曲美痩身カプセル 曲美は国際上の最新代のダイエットする薬物賭して、98年アメリ... 4560円 3800円 割引率: 17% OFF

唯美OB蛋白痩身素第4代 唯美OB蛋白痩身素第4代 米国の科学者は発見して、脂肪の細胞がOB卵白の成分に出会う時... 2636円 2000円 割引率: 24% OFF

果然痩身(腹ダイエット) 果然痩身(腹ダイエット) 果然痩身(腹ダイエット用)は、サトイモの粉 ハスの葉を主成分... 3474円 2700円 割引率: 22% OFF

紐斯葆OB蛋白痩身素 紐斯葆OB蛋白痩身素 紐斯葆OB蛋白痩身素中国の特色な漢方ダイエット薬販売 2755円 2100円 割引率: 24% OFF